Artiza LTE eNB Test Solutions

Test Applications

Sophisticated Test Editors for the Methodology

「LTE eNB評価手法」に対応したテストアプリケーションは豊富な試験機能をサポートしています。シーケンス作成では状態遷移オリエンティッドな手法であるSDLエディタを採用(Figure 10)。また、RRC ASN.1メッセージエディタ(Figure 11)はASN.1のPER (Packed Encoding Rules)/BER (Basic Encoding Rules) 情報要素に対応したメッセージをパラメータ選択だけで自動的に生成します。強力なSDLエンジンは試験効率を劇的に向上してくれるRRCの情報要素自動乗せ換え機能、テーブル参照機能および自動生成機能を搭載しているだけでなく、ユーザ定義可能な変数やタイマの設定機能により、複雑なテストシーケンスの作成・実行が可能としました。一方、U-planeのQoS(Quality of Service)試験ではBER(Bit Error Rate)/PER(Packet Error Rate)測定だけでなく、UE-SIMとS1/X2-SIMの絶対時間を同期させることにより、片方向のIPパケット遅延測定を可能としました。また、Cell Search・Hybrid-ARQ・RACH PreambleなどのPHY/MACレイヤの試験ツールにより、無線リソース管理アルゴリズムやMACスケジューリングの評価が可能です。

Figure 1: SDL Editor

SDL Editor

Figure 2: RRC ASN.1 Message Editor

RRC ASN.1 Message Editor

Versatile Functionalities in Load Generation

eNBの最終評価として行われる長時間負荷試験で威力を発揮するのがLoad Scheduler (Figure 3)です。実際のネットワークにおいて加入者から発生するトラフィックが、あるパターンで時間変化することを想定し、eNBに対する負荷を時間と共に設定することができる強力なツールです。eNBの開発最終段階においては、C-plane/U-planeが一定の負荷では正常に動作するものの、時間とともに変化する負荷の下で問題が発生するという現象がよく見られます。その多くはプロトコル処理におけるリソース(メモリ/無線リソース/コネクションテーブル)不足であったり、予期しないステータスやタスク優先順位、またベースバンド処理との連携不具合などの原因によるものです。eNBのフィールドトライアルの前にLoad Schedulerを使用して実網のトラフックパターンの負荷試験を行っておけば、これらの問題を事前に解決しておくことが可能となります。また、ネットワークのパフォーマンスを把握するために大変重要な要素となる統計情報は、C-planeとU-plane上のすべての統計カウントを長時間保存できるだけでなく、U-planeではCellやUE、またLogical Channelを指定して統計情報を保存・表示することも可能です。C-PlaneとU-planeの統計情報をTable 1/2に示します。

Figure 3: Load Scheduler

Load Scheduler

Table 1 : C-plane Statistics
Statistic Counts Description
Seq Start No. of sequence started
Seq Comp No. of sequence completed
Seq Comp Rate Rate of sequence completed
Seq UnComp No. of sequence uncompleted
Frm Err No. of protocol format errors
UnExp Msg No. of unexpected messages in event list
UnExp Evt No. of unexpected primitives in event list
UnExp Id No. of unexpected connection identifiers
Data Set Err No. of errors occurred when IE reload procedure
Table Over No. of connection tables exhausted
ConnTbl Over No. of fails to create connection table
SDL Conn Ent Count up when connection identifier created
SDL Conn Rel Count up when connection identifier released
Global Count Global counter in SDL can be refer from any UE on any SDL
Table 2 : U-plane Statistic Counts
Over Statistic Counts
UE oriented
(Cell/UE)
No. of TX MAC PDUs
TX MAC PDU size (byte)
TX MAC PDU rate (Mbps)
No. of aborted TX MAC PDUs
Aborted TX MAC PDU size (byte)Aborted TX MAC PDU size (byte)
No. of RX MAC PDUs
RX MAC PDU size (byte)
RX MAC PDU rate (Mbps)
No. of TX MAC PDU acknowledged
No. of RX MAC PDU aborted
No. of first RX MAC PDU
No. of first TX MAC PDU acknowledged
BLock Error Rate (BLER) (No. of retransmission of HARQ)
First BLER (No. of 1st retransmission of HARQ)
No. of TX RACH Preamble
No. of RX RACH Response
No. of TX Message3
No. of TX Message3 aborted
Logical Channel
(Cell/UE/Logical Channel)
No. of TX RLC PDUs
No. of TX RLC PDU size (byte)
TX RLC rate (Mbps)
No. of RX RLC SDUs
RX RLC SDU size (byte)
RX RLC SDU rate (Mbps)
No. of RX RLC PDUs
RX RLC PDU size (byte)
RX RLC PDU rate (Mbps)
No. of TX RLC SDUs
TX RLC SDU size (byte)
RLC SDU rate (Mbps)
RLC buffer size (byte)
No. of aborted RLC SDUs due to buffer overflow
No. of aborted RLC SDUs due to buffer abortion control
No. of TX PDCP PDU
TX PDCP PDU size (byte)
TX PDCP PDU rate (Mbps)
No. of RX PDCP PDU
RX PDCP PDU size (byte)
RX PDCP PDU rate (Mbps)
No. of TX PDCP PDU
TX PDCP SDU size (byte)
TX PDCP SDU rate (Mbps)
RX PDCP SDU size (byte)
RX PDCP SDU rate (Mbps)
No RX PDCP aborted
No. of error packet
No. of PN error bit
No. of PN synchronized bit error
Bit error rate
PN slip counter
Delay (msec)
Uplink TPC PUSCH Tx power (dBm)
PUCCH Tx power (dBm)
Sounding-RS Tx power (dB)