Artiza LTE eNB Test Solutions

WaveJudge 5000 LTE Analyzer

WaveJudge 5000 for LTE testing and analysis

WaveJudge 5000は無線インタフェース(over-the-air)上の上位レイヤのプロトコルのやり取りをRF信号特性も含め全てキャプチャし、オフラインで解析するワイヤレスプロトコルスニファーです。

UE ⋅ eNB間のプローブ機能と複数レイヤ関連づけ表示
(Cross-layercorrelation)

WaveJudgeはUEとeNB間のモニタリングを視認性の高いユニークな表示方法で提供します。

エンドポイント(UE側またはeNB側)で使用する通常のテストツール(Signal Analyzerなど)とは異なり、WaveJudge 5000はRFインタフェースをタップ(間に入る)してUE・eNB両側の送受信をモニタします。これにより、ユーザは試験系を変更する必要がありません。この構成が試験を容易にしてくれるのはいうまでもなく、まさに解決しようとしている現象に影響を与えることなく問題解析を可能にしてくれます。また、RF信号と上位レイヤのプロトコルメッセージを関連付けしての表示は、問題の解析と特定を迅速化してくれる機能として見逃せません。

解析された画面上の上位プロトコルメッセージを選択するだけで、対応したRF信号部が表示されます。解析のトレースには電力の時系列表示やFFTスペクトルなどをスケジューラによってマッピングされた物理チャネルと論理チャネルと同時に表示するなど、豊富な情報によりさらに問題解析を容易にしています。

LTE over-the-air capture

WaveJudge5000エアモニターは、無線通信における物理層とプロトコル層の相互作用をリアルタイムで可視化(キャリアアグリゲーションの例)

複数レイヤ関連づけ機能は以下の機能をもっています。

  • UE・eNB間のリクエストやレスポンスからセル内に入ってきたUEの送信電力、周波数、タイミングの変化を確認することができます。
  • UL grantから問題を検出し、誤ったフレームに送信されたバーストを特定します。また、MIMOハンドオーバ中のeNBとUEの挙動を解析します。
  • eNBとそのセル内の複数のUEでのプロトコル解析を行います。
  • eNBから割当てられた本来の開始時間にUEメッセージの位置を表示して、タイミングオフセット違反を指摘してくれます。
  • DL/ULの割当を論理的に表示し、eNBのスケジューリングエラーを視覚的に特定します。

無線キャプチャ(true air capture)

従来からの無線(OTA: over-the-air)インタフェーステストにおける問題点のひとつは、RF状態の正確な 再現が難しいことでした。何か問題が発生しても、まったく同じRF状態を再現することは通常不可能だ からです。WaveJudgeは無線インタフェースで起こる事象を、プロトコルメッセージとRF信号特性をエ ラーまで含め全てキャプチャします。このtrue air capture機能が正確な問題原因の特定を可能とし、試験 効率を向上してくれます。また、これら解析機能がeNBのログ機能をとは異なる優位性を発揮することは いうまでもありません。

お問い合わせ

WaveJudge 5000に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームへ