TOP

採用情報
新卒採用

私たちのみが提供できる「オンリーワン製品」によって社会インフラを支え、
お客様・情報社会の発展に貢献しています。

2015年12月末、アルチザネットワークスは25周年を迎えました。お客様・情報社会の発展に貢献するという使命を果たす為に、専攻を問わず、熱意ある仲間を求めています。

会社概要

商 号 株式会社アルチザネットワークス
設 立 1990年12月27日
本社所在地 東京都立川市曙町2丁目36番2号ファーレ立川センタースクエア
Tel.042-529-3494 /
Fax.042-529-3495
新宿営業所 東京都渋谷区代々木3-23-4 ユニゾ西新宿ビル4F
Tel.03-6300-6490 /
Fax.03-6300-6499
(営業職はこちらの配属となります。)
事業拠点 岩手県滝沢市巣子152-378 滝沢市IPUイノベーションセンター205
(ソフトウェアエンジニア希望者は本社以外にこちらの配属も可能です。)
資本金 13億5,935万円
売上高 19億9,100万円(2017年7月期:連結)
従業員数 131名(2017年7月31日現在:連結)
事業内容 通信インフラ構築に使用される通信計測機及び通信インフラの保守、運用管理を行うネットワーク・マネジメント・システムの開発、販売、並びに各種通信機器の開発、販売
各種許認可 一般労働者派遣事業(許可番号:般13-304665)
主要取引銀行 みずほ銀行立川支店、三菱東京UFJ銀行立川支店
主要取引先
(順不同・
敬称略)
NTTグループ各社 / KDDIグループ各社 / ソフトバンクグループ各社 / NECグループ各社 / 富士通グループ各社 / パナソニックグループ各社 / 三菱電機グループ各社 / 日立グループ各社 / エリクソン / ノキアソリューションズ&ネットワークス / ファーウェイ(HUAWEI) / ZTE / チャイナモバイル(中国移動通信集団公司) / 京セラグループ各社 / ダイワボウ情報システム / 沖電気工業 / 住友電工グループ各社 / フュージョン・コミュニケーションズ / キヤノン 他多数
役 員代表取締役社長床次 隆志
取締役 常務執行役員清水 政人
取締役 執行役員床次 直之
社外取締役杉本 守孝
常勤監査役弓場 英明
監査役熊西 正夫
監査役三木 哲也
執行役員田中 浩司
 執行役員山田 充

採用プロセス

応募から内定までに必要な期間は、約1ヶ月程度となります。

ご応募

マイナビよりご応募ください。マイナビを通じて定期的に選考会の情報などをお送りします。

会社説明会

会社説明会にご参加ください。説明会は随時受付しております。お気軽にお問い合わせください。

面接(2回)

1次面接は人事との面接、2次面接は役員との面接になります。1次面接時に適性検査を実施します。

内定

採用メッセージ

アルチザネットワークスで活躍する先輩からのメッセージをご紹介します。

ハードウェア開発

自ら提案し、自ら行動する

ソフトウェア開発

不安から自信へ

営業

自分の成長に繋がる

開発マネージャー

最先端の技術とその開発環境

開発エンジニア

強く希望をすれば叶う

経理

意見を求められる環境

採用責任者メッセージ

ネットワークのさらなる高度化・高速化時代の到来により、我々の仕事、日常の生活環境も大幅に変化すると予想されております。当社は、このような次世代技術の前提となる次世代移動体通信インフラの開発を支援する最先端の通信技術を有するエキスパート集団であり、基地局等の機能・性能の向上と通信品質の確保のために欠かせない負荷試験などを行う「オンリーワン製品」の通信計測機を中心に開発・販売を行い業容を拡大、発展してまいりました。

「自社開発で企画の段階から開発に携わっている」「最先端の技術開発現場のお客様に近い立場でプロダクトを『共に』作っている」「グローバルな展開を目指せる」「ベンチャーマインドを持続する少数精鋭組織で責任ある仕事をする中で、自身の成長が会社の成長、お客様・社会の発展に繋がることが実感できる」「情報化社会でなくてはならない社会インフラの構築・整備に携われる社会貢献型の仕事」

このようなキーワードに興味・関心をお持ちの方は是非、チャレンジください。 たくさんのご応募お持ちしております。

韮沢 宏行
管理本部 人事担当責任者

オフィス社内風景。広いワンフロアでの部門を超えた相互コミュニケーションが新技術、新製品を生み出す一つの大きなポイントです。

ラボラボにて、製品の組み立てや試験などのハードウェアの開発が行われています。

マシンルーム次世代移動通信の検証のための環境が整備されています。

オフィス社内風景。広いワンフロアでの部門を超えた相互コミュニケーションが新技術、新製品を生み出す一つの大きなポイントです。

ラボラボにて、製品の組み立てや試験などのハードウェアの開発が行われています。

マシンルーム次世代移動通信の検証のための環境が整備されています。

教育方針

方針1 人格を磨く

全社員が共有する「アルチザフィロソフィ」をベースに一人ひとりの人格を磨き、素晴らしい人間性を持って仕事に取り組んでいただきたいと考えています。そして、「全社員の成長と幸福を追求すると同時にお客様・社会の進歩発展に貢献する」という企業理念を実現いていきます。

方針2 経営を学ぶ

当社では、市場に直結した部門別採算制度「アメーバ経営」の仕組みを取り入れ、経営者意識を持った人材を育成し、全員参加経営の実現を目指しています。

方針3 知識・スキルの習得

人格教育を基盤に人間性を磨き、さらに「品質・技術力・創造性でお客様の満足を獲得する」という事業目標を達成するための知識教育やスキルトレーニングを実施しています。

FAQ

採用・選考について

Q. 大学院・学部別などの採用枠はありますか?

ありません。大学院生、学部生、高専・専門学校生いずれの方も同じ条件で受験して頂きます。

Q. 外国人留学生も採用されますか?

外国人留学生の方も採用対象としておりますが、特別な採用枠は設けておりません。全て同じ条件・選考プロセスで受験して頂きます。

Q. 学校推薦は必要ですか?

基本的には「学校推薦」は必要としておりません。ただし「自由応募」で受験された方につきましては選考試験合格後に「学校推薦書」または「就職指導教員の推薦書」などの提出をお願いする場合があります。

Q. 入社前に必要な知識などはありますか?

特別に必須としている知識や資格はありませんが、ソフトウェア開発志望の方であれば、C言語などのプログラミング言語、ハードウェア開発志望であればデジタルまたはアナログ回路、セールスエンジニア志望であればパソコンや情報ネットワークの一般知識などの履修をされていると入社後の研修内容の理解がスムーズです。

Q. 通信やプログラミングの知識が全くない文系でもセールスエンジニアやソフトウェア開発エンジニアは出来ますか?

セールスエンジニアなどの営業系の大半は文系の出身です。また逆に、ソフトウェア開発にも人数は少ないですが文系の出身もいます。ほとんどの人は技術的な知識が無い状態で入社します。必要な知識は、入社後の配属先で先輩社員から受けるOJT、部署ごとに行われる勉強会などのOFF-JTを通じて、また、担当する製品の開発エンジニアに教わるなどして身につけていきます。大切なのは、通信技術に対する興味関心やお客様に喜んでいただける製品を届けたいと願う心持ち、そして、それらに基づいて地道に努力し続ける熱意と情熱です。

Q. OB•OG訪問は出来ますか? また、OB•OGがいない場合、社員の方に話を聞くことは出来ますか?

会社から社員の紹介は行なっておりませんが、選考中または会社説明会で若手の開発エンジニアなどとの懇談の場を設ける予定です。

Q. 面接以外に試験はありますか?

技術系、事務系で内容は異なりますが、選考では適性試験を実施します。

仕事について

Q. 語学力はどの程度必要ですか?

語学力に関して特別な基準は設けておりません。ただし、業務によっては英語で記述された技術文書の読解などもありますので、基礎となるレベルの英語力は備えられていることを期待しております。

Q. 海外で働く機会はありますか?

あります。弊社は中国上海に開発子会社を有しております。出張ベースでは主に欧州、中国へ出向く機会が多く、営業、プロモーション担当の社員はもちろん、技術系のエンジニアも海外へ出向き仕事をする機会があります。

人財育成について

Q. 新入社員教育はどのように行われますか?

入社時に企業理念の実現に向けて重要なコーポレートフィロソフィ及び小集団採算制度(アメーバ経営)の実践に必要な下地づくりとして、新入社員に必要な心構え、ビジネスマナー、仕事に取組む姿勢、会社で必要な知識などを、外部研修(合宿)を3日間実施し、その後社内に戻って1週間程度行います。

Q. 社内ではどのような教育・研修制度がありますか?

新入社員教育後各職場に配属後は、基本的に各人に一人ずつ先輩社員が付きますので、先輩の指導の下で半年ほど(配属先・職種により異なる)のOJTが中心になります。その期間でそれぞれ外部の研修機関を活用しながら、セールス活動、C言語プログラミングや電気回路の理論と演習、製品技術の知識の習得などを行い、また、社長をはじめとする経営陣が主催する人格形成のための理念教育、経営者マインドを養う経営勉強会なども行います。その後、個人毎に習得度合いを確認しながら適性を判断し業務を割り振ります。また、今後は会社の成長発展に合わせて、階層別研修や職種別教育の他、通信教育や英会話クラスなど、自発的なスキルアップを支援する制度も整備していく予定です。

■主な研修プログラム(2017年の例)
(営業職)
  • ITソリューションセールス研修
  • ランチェスター戦略勉強会(「選択と集中」による営業戦略)
(開発職)
  • プログラミングのロジック研修
  • システム開発研修
(共通)
  • 基礎技術講習
  • フィロソフィ勉強会
  • アメーバ経営勉強会

Q. 入社前に何か研修のようなものはありますか?

これまでエンジニア志望で文系出身の方が少なかったのですが、今後、広く優秀な人材を募っていく為、文系出身の方の採用も行っていきます。入社までに他の経験者の方たちとの差を埋める事を目的とし、文系出身でソフトウェア開発を志望する方を対象とした、C言語プログラミングの基礎などを習得する機会を設けたいと考えております。

待遇・勤務について

Q. 配属先や勤務地はどのように決まりますか?

具体的な配属は、面接などの際に確認した本人の希望と部門からの人材ニーズを踏まえて決定します。勤務地について現状では、本社(東京都立川市)もしくは、滝沢デベロップメントセンター(岩手県滝沢市)、営業部門については、新宿営業所(東京都渋谷区)を想定しています。

Q. 異動・転勤はありますか?

現状で転勤について可能性は少ないですが、今後会社の成長発展に応じて社員数や拠点が増えれば、将来的に異動・転勤共に可能性はあります。その際に特別な事情があれば考慮することがあります。

Q. 休日出勤はありますか?

開発業務においては、繁忙期や突然のトラブルによるお客様対応など業務上の都合でやむを得ず休日の出勤が発生することがあります。ただし、そのような場合には振替休日取得などの形で適切に休日を確保しています。

Q. 残業はありますか?

職種・部門によって差異がありますので一概には言えませんが、繁忙期や突然のトラブルによるお客様対応などで残業が発生することはあります(開発エンジニアの場合は裁量労働制のため平日の残業という概念はありませんが、一般的な企業における程度の残業はあります)。また、繁忙期が過ぎた後はチーム内で調整して有給休暇を取得したり、裁量労働制を活用することで勤務時間数を調整することが可能です。

福利厚生について

Q. クラブ活動はありますか?

クラブ活動はありませんが、有志が集まってサッカー(フットサル)、テニスなどの活動をしています。

その他

Q. インターンシップ制度はありますか?

現状では行っておりません。ただし過去に1ヵ月程度の期間で行った実績はあります。今後ご要望が多く寄せられ社内の受け入れ環境が整いましたら再開したいと考えています。

Q. どのような社風ですか?

近年に入社した社員からの声によると、「人間関係が良く風通しがいい」「最先端の技術を追求しオンリーワンの製品を生み出そうという雰囲気がある」「社会の基盤を縁の下で支えているやりがい、社会貢献度が高さを自負している」「若手が活躍できる」といった意見が目立ちます。また、アルチザネットワークスの企業理念「全社員の成長と幸福を追求すると同時に、お客様、社会の進歩発展に貢献する」を具現化する「アルチザフィロソフィ」は全社員の考え方、行動の機軸であり、今の社風を形成する原点になっています。

Q. 社内見学をすることは出来ますか?

会社説明会または選考の途中で、職場の雰囲気を感じて頂くための見学の時間を設ける予定です。是非ご参加ください。

Q. 勤務中の服装は決まっていますか?

開発部門ではカジュアルでの勤務が可能です。ただし、仕事に合わせてスーツや作業用のユニフォームを着用することがあります。営業部門ではスーツスタイルが基本ですが、業務に応じてカジュアルとスーツを使い分けて勤務しています。

Q. 「アルチザネットワークス」の社名の由来は何ですか?

2001年に株式公開をするにあたって社名を現在の「アルチザネットワークス」に変更しました。職人・技工を表わす「Artisan」と通信の「Network」を掛け合わせた造語です。

Q. アルチザネットワークスの製品を実際に見ることは出来ますか?

会社説明会または選考の途中で、開発現場の見学などを予定しています。是非ご参加ください。

close

来春オープン予定の新事業拠点

滝沢デベロップメントセンター

TDC でも

ソフトエンジニア募集中!

来春オープン予定の新事業拠点

滝沢デベロップメントセンター

TDC でもソフトエンジニア募集中!

来春オープン予定の新事業拠点

滝沢デベロップメントセンター

TDC でも

ソフトエンジニア
募集中!