TOP

企業情報
ご挨拶

創業者 代表取締役会長 CEO 代表取締役社長執行役員 COO
床次 隆志 床次 直之

Message from CEO

2022年3月3日、弊社は株式会社シー・ツー・エム(以下、C2M)の全株式の取得を発表させていただきました。アルチザは岩手県滝沢市に滝沢デベロップメントセンター(以下、TDC)の建設に続きまして、隣接する場所に滝沢テレコムテストセンター(以下、T3C)を昨年2021年に建設し、5G基地局のテストサービス事業を開始しております。現在、この事業の他分野への横展開の準備を始め、テストサービス事業による売上のさらなる伸長を目指しております。今回発表させていただいた通り、C2Mの数十名の若い優秀なエンジニアたちがアルチザと力を合わせることによって生まれるシナジーは、このモーメンタムをさらに力強いものにしてゆくものと確信しております。

弊社はおかげさまをもちまして、2019年7月期以来、昨年度末(2021年7月期)まで、3期連続の増収・増益を記録し、今期第32期(2022年7月期)は、引き続き国内モバイル事業が堅調に推移したことから、創業以来の最高売上、最高経常利益、最高最終利益で着地するものと予想しております。しかし同時に、急激な作業の増加による社内の開発リソース不足にも直面し、残念ながらお客様からのご要望に十分お応えできていない状況にあります。弊社では、来期以降の成長・発展を継続してゆくためにも、この問題を最大の経営課題と捉え、積極的にエンジニア人材の採用を進めて参ります。またC2Mに続く国内企業だけでなく、海外の研究開発系企業との資本提携も含め、多様な方法を模索してリソース獲得に努めて参ります。

また、国際問題化する昨今の米中対立により、経済安全保障問題は、「ものづくり」を産業の生命線としてきた日本にとって、憂慮すべき課題として注目を集めています。何事も「価格が安い」という理由だけで安易に海外に頼るのではなく、先端技術分野開発の国内回帰は、日本が目指すべき次の方向性ではないでしょうか。そのような流れのなか、弊社アルチザネットワークスが日本発祥の企業として、その一端を担えるよう、日本主導の技術革新に貢献できる技術者の育成にも力を入れて参りたいと思っております。

引き続き、お客様、投資家の方々のご期待にお応えすべく、精一杯頑張って参りますので何卒ご支援たまわりますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社アルチザネットワークス
創業者 代表取締役会長 CEO

Message from COO

2019年に社長を拝命いたしまして、3期通年で陣頭指揮に当たらせていただきました。おかげさまをもちまして、3期連続の増収・増益を記録することができ、これもひとえにお客様、協力会社様、株主の皆様のおかげであること、改めまして厚く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

2021年は、昨年発表させていただきました「中期経営計画」の二年目を締めくくる年でしたが、大幅上振れで達成したため、新しく2021年9月に「2021中期経営計画VISION 2025」を発表させていただきました。これを達成するため、弊社では以下の課題に取り組んで参ります。

1. 5G基地局テストシステム「DuoSIM-5G」の国内・海外展開国内市場に向けて先行リリースいたしました5G基地局テストシステム「DuoSIM-5G」を、2021年には海外のお客様に積極的にご紹介させていただく予定でしたが、残念ながら引き続き世界的パンデミックが継続したため、海外での展示会やミーティングの延期が相次ぎました。2022年後半こそは、パンデミックの終息を前提に、盤石な国内市場に加えまして、今度こそ海外のお客様への販売に力を入れて参ります。さらに、5Gにおいて新しく加わる予定の新機能「5G SA」、「DSS」、「FDD」などの新しいサービスにも着実に対応して参ります。

2. 「5G/LTE基地局テストサービス」の展開TDCにおいて開始いたしましたLTEや5G基地局のテストサービスは順調にスタートし、昨年竣工しましたT3Cもすでにスペースの半分以上が稼働状況にあり、今年度末にはほぼ100パーセントの稼働を予定しております。新規案件の受注状況を鑑みまして、さらに新建屋の建設も検討に入りたいと思っております。またC2Mとの協力により、本事業はさらに成長してゆくものと思っております。

3. パケットキャプチャ新製品「etherExtractor NEO」の展開パケットキャプチャの新製品「etherExtractor NEO」は、主要なEthernetインタフェース(GbE(ギガビットイーサネット)、10GbE、25GbE、40GbE、100GbE に対応)をすべてサポートし、同時に、省電力、省スペースを実現しました。従来からデータセンターにおける使用において好評を得ていたアルチザ独自の機能をそのまま引き継いだだけでなく、今後自動化がさらに加速するマニュファクチャリングの現場のネットワークセキュリティにおいて必要となるIDS(Intrusion Detection System)機能もオプション機能として提供することで、国内大規模マニュファクチャリングネットワークへの展開を行って参ります。

4. 新規事業の展開アルチザのコアコンピタンスである、産業用応用電子機器開発のノウハウをテスター以外の製品にも応用するプロジェクトを進めております。この事業は、2022年7月期より業績貢献し始め、2023年7月期にはさらに売上増加によって通年で業績貢献する予定です。また、5GやLTEの小規模な端末・基地局シミュレータを開発するフランスのAmarisoft社と国内販売代理店契約を締結し、「Callbox」「UE Simbox」の代理店販売を開始いたしました。今後、「Local 5G」のPOC案件が期待される、自動運転やマニュファクチャリングの市場への販売に注力して参ります。引き続き旺盛な起業家精神により、積極的に新規事業の開拓に取り組んで参ります。

5. 海外開発パートナーとの関係確立今後、増加が予想される海外での開発プロジェクトに対応するため、開発エンジニアの国内採用強化に加え、海外開発パートナーとの関係確立を進めて参ります。当該パートナーシップにおきましては、特に海外顧客対応プロジェクトを担当する予定です。

以上、アルチザネットワークスは、新体制のもと、若い力によってさらに成長を継続して参ります。どうぞ、ご期待ください。

株式会社アルチザネットワークス
代表取締役社長執行役員 COO