TOP

製品・ソリューション
ネットワーク運用・保守

パケットキャプチャソリューション

QPシリーズ

QPシリーズは4種のラインナップから構成されるパケットキャプチャ装置です。仮想キャプチャ機能、バーチャル・プラットフォーム、ファイル圧縮機能などをはじめとする各種のユニークな機能により、通信事業者、データセンター事業者、放送関連事業者などの開発・運用、監視業務の効率化に貢献します。

機能

仮想キャプチャ
1つの物理ポートあたり、最大で511までのキャプチャ・セッション*を同時に実行可能な機能です。
(*サポートされるキャプチャ・セッション数は機種により異なります。)

従来のパケットキャプチャ

フィルタしたもの以外のトラフィックは破棄

QPシリーズのパケットキャプチャ

フィルタしたトラフィックをそれぞれ別々のpcapファイルとして保存が可能

QP1000 200G

  • 独立した2つのノードにより、キャプチャ構成を柔軟に変更可能

200G
冗長化構成

400Gアグリゲーション
スループット構成

ユースケース

アグリゲートされたトラフィックを分割し、ネットワーク別にキャプチャ・保存

他のキャプチャ・セッションを停止することなく、個々のフィルタ条件/キャプチャ条件を個別に設定・変更が可能
(フィルタ条件:プロトコル別、アドレス別、およびそれらの組み合わせ等)

ファイル圧縮
QPシリーズ製品には、取得するキャプチャファイル(pcap形式)を必要に応じて圧縮・保存する機能が搭載されており、ディスク容量の節約を図ることが可能です。これにより、一般的なパケットキャプチャ装置と比較し、同じディスク容量でありながらも、より多くのキャプチャ・データの保存が可能です。
ラインナップ QP500
New
QP1000 QP1000-200G
New
QP2000 QP4000
外観
構成 Portable 1U 1U 2U 4U
キャプチャポート 1GbE 1GbE × 4 1GbE × 4 / 1GbE × 4 1GbE × 4
キャプチャポート 10GbE 10GbE × 4 10GbE × 4 / 10GbE × 4 10GbE × 4
キャプチャポート 25GbE 25GbE × 2(オプション) 25GbE × 2(オプション) / 25GbE × 2(オプション) 25GbE × 2(オプション)
キャプチャポート 40GbE 40GbE × 2 40GbE × 2 / 40GbE × 2 40GbE × 2
キャプチャポート 100GbE 100GbE × 2 100GbE × 2 100GbE × 2 (breakout cable) 100GbE × 2 100GbE × 2
キャプチャポート 200GbE / / 200GbE × 1 / /
キャプチャ対応I/F 上記アダプタを2枚まで搭載可能
キャプチャ性能 最大100Gbps 最大100Gbps 最大200Gbps 最大100Gbps 最大100Gbps
ストレージ容量(実効) 4 / 8 / 12 / 16 / 24 / 48 / 64 / 128TB 4 / 16 / 24 / 48 / 72TB 288TB per node, 576TB total 24 / 48 / 64 / 72 / 92 / 288TB 72 / 96 / 144 / 288 / 720 / 1080TB
RAID構成 RAID0/1 RAID10/0 RAID10/0 RAID10/0 RAID10/50/60
OS CentOS
寸法(W×H×D mm) 323mm × 176mm × 336mm 44mm × 437mm × 801mm 44mm × 437mm × 801mm 89mm × 437mm × 705mm 177mm × 437mm × 950mm
重量(kg) 9.45kg
(QP500-100G-60T Model)
19kg
(QP1000-100G-72T-2P Model)
23kg
(QP1000-200G-567T Model)
28.6kg
(QP2000-100G-48T Model)
130kg
(QP4000-100G-720TB Model)

パケット解析・可視化ソフトウェア

PureInsightはQPシリーズによって収集されたデータの解析および可視化を実行するための専用ソフトウェアです。本ソフトウェアではライセンスに応じて複数のユーザが同時にログインでき、それぞれのユーザが解析・監視等のタスクを個別に実行することが可能です。

ネットワークの可視化

  • REST APIを使用し、ノード接続情報、ネットワーク利用状況の内訳を可視化
  • REST APIのサポートによる既存システムとの連携:標準のJSONまたはXML形式で情報の読み取り可能
  • 他の監視装置(例:パフォーマンス監視装置、侵入検知システム等)がQPからデータをサンプリングし、詳細な情報の取得、およびさらなる検査用にデータの保存が可能
  • PCAPまたはパケット情報の読み取りをサポートしていないSIEMツールに対しても、QPが提供する機能を利用し、各種ネットワーク情報を互換性のある形式に変換および提供。各種周辺機器 / ツールとの連携が可能

アラート機能

ユーザによる複数のアラート条件を設定可能です。アラートを発報するためのトラフィックの監視は、セミリアルタイムで行われます。
設定したアラート条件に合致した場合、合致した部分のトラフィックがpcapファイルとして抽出され、詳細な解析を迅速に実行することが可能です。

ダッシュボード機能

PureInsightには様々なダッシュボードが用意されています。図の左の円グラフは、プロトコルおよびポート番号毎の内訳を示し、右側はIPアドレス別によるTop Talkerを表示します。円グラフ上の各プロトコル名をクリックすることで、そのプロトコルを除いた円グラフの表示を行ったり、円グラフにマウスカーソルを合わせることにより、カウントされたパケット数の詳細な表示を行います。

お客様事例 1

お客様 : 大手ISP様 PureInsight上でのDNSアプリケーション・レポート
一般ユーザおよび企業ユーザに対し、ブロードバンドサービスを提供
課 題 :
  • 多数のTruncated DNSレスポンスの発生に伴う遅延 (例)youtube.comに対する一般的なリクエストに対し、2秒以上を要する
  • APMツールを導入していたが、ピーク時間に発生するDNSリクエスト/レスポンスの数に対応できず不十分
  • より多くのデータの保持が可能なソリューションを模索
導入効果: QPの導入に伴い、ピーク時においてもDNSトラフィック全体の記録が可能に
  • QPが提供する高速検索機能、およびPureInsightの導入により、DNSシステム上のトラフィックに対する解析に要する時間を従来に比べ1/10に短縮
  • QPおよびPureInsight:問題解決プロセスの簡素化に貢献。 問題解決に対する有望なソリューションであることを立証

お客様事例 2

お客様 : Top Talker (ネットワーク帯域を最も消費するユーザ) の特定
課 題 :
  • BYODで運用の場合、これらのデバイス上にSplunkがインストールされることを保証することは不可
  • 多くのセキュリティ問題は、リモート接続された外部デバイスではなく、社内ネットワークに接続されたデバイスから発生
導入効果:
  • QPおよびPureInsightにより、大量のネットワーク・トラフィックを収集
  • ネットワーク上におけるTop Talkerおよび使用されているアプリケーションを特定
  • QPのAPIを使用し、QPで収集した情報をSplunkおよび既存のトラフィック監視製品のダッシュボードに対し統合・表示
  • ネットワーク上におけるTop Talker情報を視覚化

 お問い合わせ

* 
* 
* 
* 
* 
* 
* 
* 
* 

* 製品を選択してください。